スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醜き魂を持った5人の侍

吉田 >>>まーうまうまう
>> 吉田>((ヾ(*ゝω・*)ノ☆゚+ やっぴぃ~゚+.☆
吉田 >>>ワー
吉田 >>>どーなっつ明日とか
>> 吉田>ワーワー
吉田 >>>MAXの
吉田 >>>相手さがしたりしてませんかっ



というわけで、チャンピオンズカップ出場を逃した僕らは、WCに向けての練習を早速始めることとしたのだった。



本日の対戦相手
「夜戦pyu~ysdのシワとりエステ~」

↓ハジマルヨ

「向こうはどうせあれだろ?週末の大会に向けた練習だろ?は~、いいねいいね。」

「はいはい、羨ましいですね~。ワロスワロスw」

「もうこうなったら、全勝でフルボッコにして意気消沈させてやるんだからっ!」ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!

戦闘開始前のファロの薄暗い酒場の中では、このような会話がしきりに飛び交っていた。

そう、僕らドーナッツメンの間には歪みまくった根性による、かつて無いほどの結束力が生まれつつあったのだ。



そして戦いは始まった。

飛び交う怒声、立ち上がる硝煙。

敵の砲弾により甲板は赤く染まり、船員たちは砲声による耳鳴りの中、

指揮官の合図の太鼓の振動を頼りに、ひたすら砲撃を繰り返していた。


戦況は有利だった。

開始から既に5戦を数えていたが、その間無敗。

特に敵艦隊の主軸を撃沈したときの5人の艦長達の喜び様は尋常ではなく、

寄港時には、普段なら滅多に許可されない、船員へのラム酒の配給までが許可されたのだった。それも2杯!!

そう、僕らは浮かれていた。

もはや負ける気がしなかった。

「俺たちは何だってできる!YES! WE CAN!!!」

そんな賞味期限切れの寒々しいギャグに対してまで、皆が笑っていたのだ。そう、この時までは・・・








あー、もうね、普段と文体変えてみたけど、ここらが限界っすねww

そもそもなぜこんな文体でブログを書こうと思ったのか、今となってはさっぱり分からないwww

あ、因みにこの後連敗を重ねて、後半は逆にボコられました^0^

内容は良かったんだか、悪かったんだかよう分からん。

明日はヴァンキッシュとMAXなので、そこでまた良い感触が掴めるといいな。



注)↑の文章はフィクションですよ!良い子の皆は信じないようにネ!




昨日の続きで日本のフォーク系。名曲。プカプカプ~~カプカプカ♪



こちらはフォークという括りよりも、純音楽といったほうがいいのかな?すごすぎ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マウリーニョ

Author:マウリーニョ
マウリーニョ

大航海時代ONLINE B鯖 
ドーナッツ☆PIRATES所属(ポルトガル)

ドーナッツ☆PIRATESでは対人戦に興味がある!
そんなあなたを募集しています!
初心者大歓迎

最新記事
CL告知
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
著作権について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。